Menu

スポーツ指導者のための倫理ガイドライン

公益財団法人日本体育協会の指導者育成専門委員会において、スポーツ指導者としての望ましい考え方や行動をガイドラインとしてまとめ、スポーツ関係者に広く周知するために冊子が作成されました。

「本冊子は、「スポーツの価値」「プレーヤーズファースト」「フェアプレー」の視点から、安全で、正しく、楽しいスポーツ活動をサポートするためのプレーヤーと指導者の望ましい関係づくりについて解説しています。スポーツ指導者はもちろんのこと、保護者や審判員、運営担当者など、スポーツにかかわるすべての方にご一読いただき、本ガイドラインの趣旨を共有することで、スポーツ界から反倫理的行為を根絶するための一助となるよう、紹介・配布していただければ幸いです。
公益財団法人日本体育協会 スポーツ指導者育成部 活動推進課」

県ア連へ配布された冊子は一部のため、公益財団法人日本体育協会HPよりダウンロードしたものを下におきます。
(自由にダウンロードできるようになっています)
スポーツ指導者のための倫理ガイドライン

 掲載日:2013年08月11日