Menu

重要なお知らせ 国際競技規則改定に伴う国内基準

国際競技起草改定に伴い国内基準の変更がありますご注意ください。㈶日本アイスホッケー連盟ホームページより■重要なお知らせ■国際競技規則改訂に伴う国内基準
2010-2014国際競技規則改訂に伴い、条文の解釈に関する国内基準を設置いたしました。 
今回の国際競技規則改訂において、競技者の安全性をより高めるために、条項が以前より厳しく規定されました。本連盟でも、その意味を十分に検討・理解し、日本国内に於いても安全を最優先に考え、それら条項を正確に理解できるよう国内での基準を設けました。 
 
第226条 首とのどのプロテクター 
すべてのプレイヤーに着用することを勧告する。 
【国内基準】フルフェイスマスクを着用しなければならないカテゴリーに属しているプレイヤーおよびゴールキーパー(女子含む)は、首とのどのプロテクターを着用しなければならない。 
 
第227条 マウスガード 
すべてのプレイヤーに着用することを勧告する。 
【国内基準】1974年12月31日以降に生まれたプレイヤー(最低限バイザーを着用しなければならないカテゴリー)は男女とも、マウスピースを着用しなければならない。マウスピースは市販のものでも構わないが、単色透明・肌色・白色以外のものを着用すること。 
 
<適用開始> 本連盟主催大会・全国大会・全国大会予選などは、平成22年10月1日から適用する。その他に関しては、12月末を目標に各加盟団体指導の下、可能な限り速やかに適用することとする。

 掲載日:2010年09月14日